Nowiinebae

風待ちデザイン / NOCOL RECORDS 柳澤の日々の記録や告知など綴ってます。 https://linktr.ee/_kazemachi

DAY-3 STATENS MUSEUM for KUNST

白夜なので、朝は10時頃になってやっと明るくなります。
周りの外国人は朝からチーズやハムモリモリと食べてました。食欲旺盛。ちょっとカルチャーショックでした。

 

f:id:yanashou:20171004163916j:plain

f:id:yanashou:20171004163904j:plain

f:id:yanashou:20171004163949j:plain

 

最初の目的地、STATENS MUSEUM for KUNST へ到着
国立美術館

 

美術館のそばで子どもがソリ遊びしてました。
パンフレットには子どもの写真がたくさん使われてて、子ども向けの工作教室の案内もありました。ロビーでもこどもが騒いでました。冬休みだったからですね。


壁の上の方まで絵画が展示してあって、それが全然見れなかったです。日本人と違って豪快な展示の仕方。

この時やっていた展覧会「HIGH LIGHT展」のポスターを購入。
帰国後、4年間お世話になってた版画の安井先生に渡したら喜んでくれた。

「いつも使っているシルクの部屋に貼りますか?」と聞くと、
「自宅の部屋に貼るよ!」と、一言。

 

f:id:yanashou:20171004163910j:plain

 

午後はオーデンセに向かう。
ガイドさん曰く、遠い場所なのであまり行かないらしい。
行きのバスの中でアンデルセンの話を聞く。

 

「ハンデ・クリスチャン・アンデルセン
ー幼少の頃、家が貧しかったので学校に行けなかった。大人になってから語学学校に通ったが、その環境にはなじめなかった。
劇作家として活動していたが、1853年たまたま書いた童話「親指姫」が大ヒット。これ以降、童話作家として活動を続ける。定住、定職はせず独身だった。この生活が独自の空想力をつけたといわれる。
1875年 没

 

f:id:yanashou:20171004163915j:plain

 

f:id:yanashou:20171004163946j:plain

 

途中、高速道路での事故渋滞の影響で待ちぼうけ。
で、写真をパシャパシャと。

 

f:id:yanashou:20171004163939j:plain

f:id:yanashou:20171004163930j:plain

f:id:yanashou:20171004163907j:plain

 

アンデルセン博物館

事故の影響で到着が遅れ、閉館時間に間に合わず中に入れなかったです。レンガ造りの民家を利用した博物館。周りにも同じような造りの家があり、まるでシルバニアファミリーの世界でした。
近くを散策してホテルへ戻る。

 

f:id:yanashou:20171004163918j:plain

夕食
・フォアグラのムース
・ポテト
・パン
・チキン・ソース
・ケーキ・ムース


部屋に戻ると、ミスターがワインを買ってて一杯頂く。
そのままイスで寝てしまう。夜中に起きて慌ててシャワーに。
「夜中にシャワー浴びるのはマナー違反だよ」
と、ミスターから忠告を受ける。すいません。